諜報機関概要

諜報機関メニューでは主に対国内と対外向けの2つの諜報部門の管理と、サイバー防衛機構について扱っています。

予算

エージェント数の管理

各部門ごとの予算配分

国内諜報機関

誰かを監視対象に置く

著名人に対して調査を実施

政党の機密情報操作

政党の本部に侵入

著名人に関連するスキャンダルを暴露

政党に関連するスキャンダルを暴露

特定の個人を暗殺

国外諜報機関

スパイネットワークを作る

諜報機関に所属するエージェントを用いることで、外国に対してスパイネットワークを構築することができます。潜入させる国家と投入するスパイの人数を選び、潜入目的を決定します。

潜入目的は以下から選ぶことができます。

  • 政治団体へ接近
  • 組合・連合へ接近
  • テロリストグループに接近
  • テロリストグループの解体
  • 産業破壊活動
  • 政治的なスパイ行為
  • 戦略目標の破壊
  • 「メテオ」オペレーション
  • サイバー攻撃への備え
  • 目的を設定しない。

スパイネットワークの管理

エージェントNo.001を投入

他国の国家元首に関する秘密ファイルを読む

偵察衛星を注文

国家元首に関連するスキャンダルを暴露する。

テロリスト

サイバー防衛機構

サイバー防衛への市民意識の認識

経営管理と基本的施設のためのサイバー防衛プログラム

巨大サイバー攻撃の立ち上げ

外国の選挙を操るサイバー攻撃の立ち上げ

軍事サイバー攻撃の立ち上げ


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-11-22 (日) 22:56:43 (376d)